上野東京ライン開業

JR上野駅~東京駅間をノンストップで結ぶ上野東京ラインが2015年3月14日に開業しました。上野東京ラインの開業により、宇都宮線・高崎線・常磐線から東京駅・品川駅直通運転は始まり、東海道線から上野駅以北へのアクセスがたいへん便利になりました。
上野東京ライン開業
東京駅ホームに停車中の東海道線直通列車
上野東京ラインとは、東北縦貫線の愛称で、上野~東京間に途中駅はなく、御徒町・秋葉原・神田は通過します。これまでは山手線か京浜東北線に必ず乗り換える必要があったのですが、乗り換え解消による所要時間の短縮と、並行する山手線・京浜東北線の混雑緩和が期待され、利便性が飛躍的に向上します。


また京浜東北線データイムの快速列車が新たに神田駅に停車するようになり、中央線との乗り換えが便利になりました。また、土休日には御徒町駅にも停車します。
そして常磐線の特急列車の運用も改められ、「ひたち(速達タイプ)」「ときわ(停車タイプ)」が登場し、品川駅への直通運転を開始しました。
上野東京ライン開業
東京駅ホームに停車中の勝田行き「ときわ」号

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク