JR大宮「鉄道ふれあいフェア2011」開催

JR東日本は「おおみや鉄道ふれあいフェア2011」として大宮総合車両センターを2011(平成23)年10月15日(土)に一般公開しました。今回のイベントは5月末に行われる予定でしたが東日本大震災の影響で延期されていました。当日は朝から雨天のため天気が心配されましたが午前10時半頃にはほとんど雨は止んでいたようです。
東京の交通100年博
253系・C11 325・C58 383
253系「日光・きぬがわ号」の試乗運転をや真岡鉄道の蒸気機関車C11 325、秩父鉄道のC58 383が並んで展示されるなど、豪華なイベントになりました。
SLもおか号
真岡鉄道のSLもおか号
2両のSLは今回のイベントのために貸し出されたようです。普段はJRの路線で見れない蒸気機関車が大宮で見れるのですからSLマニアにとっては絶好のチャンスではないでしょうか。
パレオエクスプレス
秩父鉄道のパレオエクスプレス
ブルートレイン北斗星や寝台特急カシオペアの牽引機として人気の電気機関車EF510も展示。北斗星、カシオペアの他にエルム、夢空間のヘッドマークを付けていました。
EF510-500
EF510-501・EF510-510


国鉄時代の電気機関車EF60 510とEF65 535も懐かしいブルートレインのヘッドマークを付けて展示。さくら・みずほ・あさかぜ・富士などの看板を付けてくれました。
EF60 510とEF65 535
EF60 510とEF65 535
さらに震災復興応援ヘッドマークも用意され復興「輝望」、鎮魂「祈り」の2種類も掲出されました。
震災復興応援ヘッドマーク
震災復興応援ヘッドマーク
工場の中ではEF64-1028号機の車体吊り上げ移動のデモンストレーション。巨大な電気機関車の車体がクレーンで軽々と持ち上げられて移動する様子を間近で見ると圧巻です。「あけぼの」と「絆」のマークが付いていました。
EF64-1028号機の車体吊り上げ
EF64-1028号機の車体吊り上げ
車両の展示はC11 325・C58 363・EF60 510・EF65 535・EF81 81・EF510-501・EF510-510・クモヤE995「スマート電池くん」,DE10 1556,M250など、主なイベントは鉄道体験コーナー、ミニSL・ミニ新幹線・遊覧はやぶさ号運転、鉄道模型の運転、資料館公開、鉄道車両部品、駅弁、記念グッズ販売、車両修繕作業の実演、ブラレールコーナー(体験・展示・販売)等、充実した一日でした。
遊覧はやぶさ号E5系
遊覧はやぶさ号E5系

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク