新潟地区でE129系電車運用開始

JR東日本新潟支社は、2014年12月6日(土)からE129系電車の営業運転が開始されました。E129系は新潟県内で普通電車用に運用されている老朽化した115系電車の置き換え用に製造されました。
E129系
新発田駅0番線に停車中の白新線新潟行き
129系電車は新潟地区の気候に対応できるよう耐寒耐雪構造になっています。国鉄時代に製造された115系と比較して半分の消費電力量で走行できるほか、車内照明も全てLED化して消費電力を従来の蛍光灯の約6割に抑えています。
E129系
新津駅にて
E129系は、新潟市秋葉区にある(株)総合車両製作所 新津事業所で製造されており、外装の帯はかつての旧型国電70系電車に塗られていた新潟色を連想させる黄金色(稲穂)と、薄いピンクのトキ色が用いられています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク