ナローゲージの鉄道模型エガーバーン

ナローゲージは実物の鉄道では軌間750mmで、森林鉄道や産業用鉄道で採用されているレール幅です。鉄道模型のナローゲージは車体のスケールをHOスケールで再現し、レールはNゲージ用9mm幅の線路を使うことでナローゲージの雰囲気を再現することができます。
ドイツのエガーバーン (Egger-bahn) という鉄道模型メーカーがHOスケールで軌間9ミリメートルのナローゲージ鉄道模型を初めて製造したことで、マニアにはよく知られており「HOe」または「HOn30」などと呼ばれています。
エガーバーン
クラウスSL5号機

エガーバーンの製品の一部は現在でも他のメーカーに引き継がれて生産されています。


ミニトレインズ(MinitrainS)も古いメーカーですが、現在はBCH Internationalから復活しています。パッケージも昔のミニトレインズの復刻デザインで懐かしい図柄です。
このミニトレインズからエガーバーン1号機グマインダーDLや2号機コッペルタイプなどが復刻されて注目されています。
エガーバーン
グマインダーDL

復刻版ですが、金型は新規に作られており、モールドもオリジナルのエガー製品より細かくなっています。SL/DLの動力は新機構で、とてもスムーズに走ります。
⇒ミニトレインズ(MinitrainS)のナローゲージはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク