マルチプルタイタンパーをNゲージで楽しもう

マルチプルタイタンパー (Multiple Tie Tamper) は線路の保線用に使われる車両です。通称マルタイ。
マルタイ
JRのマルタイ
車体の下部に装備された装置でレールを掴んで持ち上げ、その間に枕木の下に敷かれている砂利(バラスト)に金属の爪のような棒を差し込んで砂利を突き固め、砕石を流し込んで線路の高さを修正しながら進んでいきます。
マルタイ
線路を持ち上げバラストを突き固める装置
従来の保線作業は人力で、つるはしやタイタンパーを使って大量の人員と長時間の作業時間を要する重労働でしたがマルチプルタイタンパーの導入のおかげで随分作業効率が向上されました。
保線作業は列車が走らない深夜時間帯に行われることが多いので、一般の人が作業を見る機会は少ないですが最近はHobbyTrainやLiliput、Viessmannなどの鉄道模型メーカーで製品化されているのでNゲージやHOゲージで活躍させることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク