JAMコンベンション2014開催

鉄道模型の最大級のイベント「第15回国際鉄道模型コンベンション」が8月22日から24日まで、東京・有明の東京ビックサイトで開かれました。従来は3日間有効だった入場チケットが今回から1日限り有効になりました。
鉄道模型コンベンション2014
第15回国際鉄道模型コンベンション
会場には鉄道模型メーカーによる新製品の紹介や全国から参加したモデラーによる大小様々なレイアウトが展示され、会場内は夏休み中というということもあり、大勢の家族連れらで賑わっていました。
鉄道模型コンベンション2014
日本型の鉄道模型だけでなく外国型から自由にデザインされた車両まで、様々なスケールの鉄道模型が走り回っていました。

今年もNゲージの特製品が販売されました。毎年恒例のトミーテック製JAMコンテナの他、JR西日本トレインボックスのキハ40系加古川線セットなどが人気で、購入希望の模型ファンらが早朝から並んで整理券をもらっていました。

鉄道模型コンベンション2014 JR西日本 トレインボックス キハ40系加古川線

KATOではNゲージのレジェンドコレクション小田急ロマンスカーNSE3100形の製品化発表や営団地下鉄6000系の試作品公開などが行われました。 鉄道模型コンベンション2014 小田急ロマンスカーNSE

会場内ではプラレールの巨大レイアウト展示やレゴブロックで作られた鉄道模型。中古鉄道模型や古本、本物の鉄道部品の販売など、様々なイベントが行われ、鉄道マニア達で賑わっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク