大宮鉄道ふれあいフェアの部品販売

大宮鉄道ふれあいフェア2011では鉄道部品の展示即売が行われていました。人気があったのは行き先方向幕やサボ、ヘッドマークなど、列車の種別や列車名が表記された物が売れていました。
鉄道車両部品販売
古い駅名票やライト、テールランプなども販売
鉄道車両部品販売
貴重なサボがいっぱい
機関車のナンバープレートは特に人気があり、入札制で価格は10万円〜など高額な物ばかりでした。すべて廃車になった車両から取り外された本物なので、欲しい人にとっては魅力的な物でしょう。
鉄道車両部品販売
機関車のナンバープレートは入札制


古い国鉄時代の銘板やメーカーのプレートなども人気でした。安価で3000円程度です。
鉄道車両部品販売
日本国有鉄道の銘板
圧力計は安くて1000円で多数ありました。実際に使えるのでしょうか?
鉄道車両部品販売
圧力計
今では殆ど見かけなくなったタブレットも販売されていました。価格は1万5千円。
鉄道車両部品販売
貴重なタブレット
重い鉄道部品を会場で買い求め、持ち帰る人もけっこういらっしゃったようでした。鉄道イベントではこのような部品販売をする機会があるので、興味がある方は出かけてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク