神岡鉄道の廃線レール上を走る自転車「レールマウンテンバイク」

廃線になった線路の上を走れる自転車がNHK まちかど情報室で2014年4月21日(月)の放送で紹介されました。今回のテーマは「ユニーク乗り物体験しよう」。まもなく大型連休。各地で家族で楽しめるユニークな乗り物が登場しています。
旧・神岡鉄道は岐阜県の神岡を走っていた全長19,9kmの鉄道です。全線の6割がトンネルと鉄橋からなることから「奥飛騨の地下鉄」とも呼ばれていました。
神岡鉱山からの貨物輸送がトラック輸送へと切り替えられた結果、収益が悪化して2004年に廃止されました。
しかしそのままじゃもったいない、地域の歴史を残そうと地元の人たちが考えたアイディアで、レールの上を走れる自転車「ガッタンゴー!!」を作りました。
まちかど情報室


「ガッタンゴー!!」はマウンテンバイクと廃線後の鉄路を組み合わせた、新感覚の乗り物です。レールマウンテンバイク ガッタンゴー で春の風を感じてみませんか!
桜の名所ということで、時期になると絶景だそうです。途中トンネルもあります。さらに、駅もそのまま残っています。
ガッタンゴーにはベンチがつけられるので、自転車をこぐ人とこがないくてもいい人に分かれることもできます。
山の中の線路を自転車で走るのはとても爽快です。トンネルの中がすごいひんやりしてて、川やお花や山が近くに見えて、サイクリングと鉄道を堪能できますよ!
最近では岐阜県以外にも北海道へ三重県で廃線を利用した自転車を楽しむことができそうです。
問い合わせ先:NPO法人 神岡・町づくりネットワーク
電話:090-7020-5852
http://rail-mtb.com/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク