小田急線下北沢駅付近地下化工事まもなく完成

小田急電鉄と東京都が工事を進めてきた小田急線の立体交差化工事は下北沢駅(世田谷区)周辺の2.2キロの区間が最後まで残されていましたが、いよいよ2013年3月23日から地下化されます。
小田急線の立体交差化工事
まもなく地下化される下北沢駅
他の区間は高架ですが、下北沢駅周辺は京王井の頭線と交差するため地下化されます。地下化の場合、用地買収が少なくて済むメリットがあるそうです。
小田急線の立体交差化工事
世田谷代田駅付近
下北沢駅周辺は用地が狭いため、既存の線路の地下に2層構造のトンネルを掘り、それぞれ急行用と各駅停車用の線路を敷設する予定です。


世田谷代田駅〜東下北沢駅間(1.6キロメートル)はシールドトンネルで地下4線式の複々線化が行われる計画です。複々線化は、急行用と各駅停車用で線路を分けることで、スムーズな運行と増発ができるようにする工事です。
小田急線の立体交差化工事
梅ヶ丘駅から見た工事中の地下トンネル入口
小田急線の複々線化工事が完成すると線路に余裕が出るため、朝のラッシュ時にさらに増発される予定で、混雑は大幅に緩和されることでしょう。
小田急線の立体交差化工事
下北沢付近の踏切を通過するロマンスカーVSE
地下化が完成すると9か所の踏切が廃止され、人や車の交通が妨げられることが無くなり、スムーズに通行できるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク