富士急行で元京王5000系塗装復活

富士急行で活躍中の1000系電車「1001号編成」(元京王5000系)の塗装が10月28日(日)から京王線時代のカラーに塗装変更されて運行されています。
富士急行で元京王5000系塗装復活
アイボリーホワイトにエンジ色の帯が入った懐かしい京王線カラー(東桂駅にて)
これは、2013年(平成25年)に「京王帝都電鉄5000系」が誕生から50周年を迎えることから、京王電鉄、同型車両が活躍する一畑電車、富士急行の合同キャンペーンとして実現した企画です。
京王電鉄と富士急行ではレールの幅が異なるため、台車やモーターなどを交換・改造して入線しています。
富士急行で元京王5000系塗装復活
大月駅付近で撮影


京王5000系カラーの塗装復活に際しては京王線時代の仕様に最も近い1001号編成が選ばれ、塗装だけでなく車体番号も5113号、5863号が復元されています。
富士急行のホームページでは京王5000系カラーの運用を土日・祝日限定で公開しています。
1000系電車は、観光電車「富士登山電車」や「マッターホルン号」などのバリエーションが存在しています。
富士急行で元京王5000系塗装復活
富士登山電車

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク