京王線で「高尾」「陣馬」のヘッドマークがゴールデンウイークに限定復活

京王電鉄では2013年4月27日から、「高尾」「陣馬」のヘッドマークを付けた列車がゴールデンウイーク限定で運行されました。「高尾」号「陣馬」号は、1967(昭和42)年から1992年まで行楽シーズンの休日に京王線を走っていた特急電車の愛称です。
高尾
9000系準特急 高尾号
「高尾」号は新宿〜高尾山口間を走っていたほか、「陣馬」号は、当時、陣馬高原下行きのバスが発着していた京王八王子行きとして運行されていました。
今回は京王電鉄が行っている春の恒例イベント「高尾・陣馬スタンプハイク」に合わせて企画されました。新宿〜高尾山口間を走る特急、準特急の先頭車両にヘッドマークを取り付け、ゴールデンウイーク中の土曜・日曜と祝日に運行されました。
高尾
7000系準特急 高尾号


京王線で当時、実際に使われていたヘッドマークの実物は鉄道模型や鉄道グッズを扱う専門店「ポポンデッタ with 京王トレインパーク」(八王子市明神町3)で展示されていますが、今回使用するヘッドマークは、「当時の5000系や6000系電車などに使用していたデザインを現在の車両に合わせてサイズ変更したもの」だそうです。
陣馬
8000系特急 陣馬号
運行日は2013年4月27日〜29日、5月3日〜6日。「高尾」のヘッドマークは7時49分に新宿駅を出発する準特急に、「陣馬」のヘッドマークは7時30分に新宿駅を出発する特急に、それぞれ取り付けられました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク