DD51牽引の寝台急行「天の川」で行く秋田の旅

寝台急行「天の川」が2013年11月2日(土)に限定復活しました。東京駅にDD51が入線することは滅多に無くとても珍しいので鉄道ファンが10番線ホームに殺到し、ヘッドマークを付けた列車が入って来ると一斉にカメラを構えて撮影していました。
寝台急行「天の川」の旅
東京駅10番線ホームから発車する「天の川」
「日本海」は、150名の乗客を乗せて東京駅を17:53に出発、編成はDD51 842号機+24系客車5両(電源車を除く)で、DD51は高崎まで牽引を担当していました。


寝台急行「天の川」は国鉄時代の1963(昭和38)年に上野~新潟間に登場し、1972(昭和47)年には羽越本線経由で秋田まで延長されました。
寝台急行「天の川」の旅
1976(昭和51)年には客車が20系ブルートレイン化され、設備が充実しました。
その後1985(昭和60)年に定期運転が終了し、1994(平成6)年に廃止されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク